銀行口座

 

カードを申し込みする際に引き落とし用の口座を必ず記載しなければなりません。

 

これまで使用している口座をそのまま利用するのも1つの手段ですが、銀行によってサービスが異なり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、口座を開設する際は各銀行のサービスやオプションを整理した上で銀行を選ぶようにしましょう。

 

受けられるサービスは、銀行ごとに異なりますので銀行のお得なサービスを理解しないまま適当な口座を開設するのと、理解した上で目的にマッチした口座を開設するのとではメリット(利用できるサービス・ポイント付与・手数料金関係)に大きな差が生じます。

 

以下の表はほんの一部になりますが引き落とし口座に登録できる金融機関の一覧です。ざっと見ても膨大な数があります。

 

種類

名称

銀行 あおぞら銀行、イオン銀行、SMBC信託銀行、新生銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、りそな銀行など
信用金庫 大阪シティ信用金庫、京都信用金庫、広島市信用組合、コザ信用金庫、横浜信用金庫など
信用組合 朝日新聞信用組合、愛知県警察信用組合、大阪協栄信用組合、島根益田信用組合、香川県信用組合など
農協・漁協・漁連 大分県漁業協同組合、高知県信漁連、鳥取県信漁連、京都府信漁連、愛知県信漁連、東京都信漁連など
労働金庫 中央労働金庫、静岡県労働金庫、近畿労働金庫、中国労働金庫、四国労働金庫、九州労働金庫など

 

ここからの説明は、膨大な数の銀行から厳選した銀行口座をピックアップしてメリット・デメリットを整理したいと思います。
あなたにとって少しでもお得になる銀行口座の情報を見つけてみてください。

 

ネットバンクとは

 

ネットバンクという言葉よく耳にすると思います。そもそもネットバンクとは銀行との契約者の間で取引を窓口までいかずにインターネットで完結させることができる銀行のことです。
銀行によって使用できる機能に違いがありますが、主なインターネット取引で利用できるものは以下が代表的なものです

 

  • 残高照会
  • 振り込み
  • 振り替え
  • 入出金明細の照会
  • 定期預金の預入や解約
  • 外貨預金の預入や解約
  • 投資信託の購入や解約

 

もちろんすべてネットバンクで完結できるのかというと、そうではありません。現金での口座への入金と出金はさすがにATMや窓口を利用して行わないといけませんのでご注意ください。

 

ネットバンクのメリット

  • 通帳記入に行く時間がなかなか取れない方には便利
  • 振込手数料が窓口より安い
  • ネットで定期預金が作れるから便利(しかも金利が一般の定期預金より高い)
  • 通帳を持たないので管理が簡単

 

ネットバンクのデメリット

  • IDやパスワードを忘れてしまい契約者ページへログインできない。
  • 誤ったID・パスワードを規定回数以上の入力をしてしまい利用停止(ロック状態)になる
  • システムメンテナンスによりログインができない時間帯が発生する
  • ネットバンクとATMの連携先を確認しておかないと現金の入出金が遠くの取扱ATMまで行くことになってしまう。
 

銀行口座 厳選3

 

ここではネットバンク銀行で使い勝手の良い、口コミでも好評価な銀行を紹介したいと思います。

 

楽天銀行

  • 円定期預金
  • 新型定期預金(仕組預金)
  • 外貨預金
  • FX(投資信託)
  • マネーブリッジ(証券連携)
  • ローン(カード・ブライダル・トラベル・教育・不動産担保・住宅)

メリット

デメリット

◆アフィリエイト・ランサーズ・オークションなどNET副業をされている方は、振込手数料が安くなったり、無料になったりすることが多いです。
◆ワンタイムパスワードや、取引メール通知などセキュリティ面で安心。
◆取引に応じて楽天ポイントが貯まります。
◆ハッピープログラムで上位ステータスになればなるほど、サービス特典が受けられます。
◆証券連携(マネーブリッジ)で普通預金の金利が0.10%になります。
◆海外送金の手数料が750円で格安に利用できます。

◆残高や利用回数が少ないとATMの利用手数料・振込手数料がかかります。
◆変更手続き等が楽天銀行カスタマーセンター経由でないと受け付けられません。
◆カスタマーセンターへの電話が繋がりにくいと一部のレビューで記載があります。
◆通帳が発行されないのでアプリ・ツール等で確認しないといけないのでスマホに慣れていない方には苦痛かもしれません。

ATM利用料・振込手数料がお得の銀行口座です。他行と比較しても引けをとらない預金金利が◎で楽天利用者には特にオススメします。

住信SBIネット銀行

  • 円定期預金
  • 円普通預金
  • SBIハイブリッド預金
  • 外貨全般(普通・定期預金、積立)
  • 投資信託
  • FX(oh!FX・クリック365)
  • 保険(火災・地震・医療・ガン・死亡・自動車)
  • ローン(自動車・教育・リフォーム・多目的・フリー・カード・不動産担保)

メリット

デメリット

◆24時間365日手数料無料で入金が可能です。
キャッシュカード一体型のVISAデビットカードで支払うと利用額に応じたキャッシュバック*1が受けられます。
*1:1,000円ごとに6ポイントを付与
◆ハイブリッド預金を利用すると、金利が大幅に上昇します(メガバンク比で約10倍)
◆外貨商品を取り扱った商品が豊富
◆セキュリティ対策ツールの無償提供や取引メール通知などでセキュリティ面は安心できる
◆カードデザインが豊富

◆ハイブリッド預金をしなければ、普通預金の金利が低い
◆スタートプログラム適用上限を超えてしまうとATM手数料や振込手数料が発生する。
◆通帳が発行されないのでアプリ・ツール等で確認しないといけないのでスマホに慣れていない方には苦痛かもしれません。

数ある銀行の中でも充実したサービス内容です。金利・手数料・商品の豊富さを比較しても人気上位にランクインするのも納得できます。

新生銀行

  • 円預金(普通・定期(2週間満期預金・スタートアップ円定期預金・大口円定期預金・パワーチョイス・パワー預金・パワーダイレクト円定期預金))
  • 外貨預金(普通・定期(2週間満期外貨預金))
  • 仕組み預金(円投資型・外貨投資型)
  • 投資信託(NISA)
  • 積立(外貨・投信)
  • ローン(住宅・カード)
  • 保険(生命保険商品、個人年金保険商品、損害保険商品)
  • その他(FX、クレジットカードなど)

メリット

デメリット

◆入金・出金が完全無料
◆振込手数料はステージによって無料回数が決まっています(最大10回無料)。
◆実店舗なので安心感が他のネットバンクと異なります。
◆定期預金の種類が豊富です。
◆キャッシュカードのデザイン(色)が数種類から選択できます。

◆ATMの手数料無料という以外は他のネットバンクと比較して特筆すべき点がありません。
◆「新生ゴールド」「新生プラチナ」の条件が複雑で敷居が高い。
◆通帳が発行されないのでアプリ・ツール等で確認しないといけないのでスマホ操作に慣れていない方には少々オススメできません。

取り扱っている商品が多く、定期預金の種類は他行と比較してもトップクラスです。入出金が無料のATMが多いのが特徴です。

 

銀行口座 総合評価

 

上記でご紹介した銀行口座の評価一覧になります。申込まれる際は総合点や各銀行口座のコメントを参照してご自身にあった口座を選択してください。

 

銀行名

普通金利

ATM利用手数料

取扱商品数

総合点

楽天銀行

5

★★★★★

住信SBI

5

★★★★★

新生銀行

4.2

★★★★☆

 

各コンテンツの目次

~アフィリエイト奮闘記~







 


~よくある疑問~


 

 

 

 

 


~お役立ちコラム~








 


このサイトを気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪



当サイトの内容やデザインは、HTMLサイトを驚くほど簡単に作成することができるSIRIUS(シリウス)上位版で作成しています。

ブログランキング参加中です♪

人気ブログランキング