確定申告とは

 

税金には様々な種類がありますが、アフィリエイトを始めるにあたって知っておかなければいけないのは

 

「事業所得*1 or 雑所得*2の確定申告が必要」

 

ということです。

 

*1: 事業所得とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業で、経済的に行う事業から生じる所得を言います。不動産の貸付業または船舶、航空機の貸付業に該当する事業から生じる所得は不動産所得となり、また山林所得又は譲渡所得に該当する所得は除かれます。
 
*2:雑所得とは、利子、配当、不動産、事業、給与、退職、山林、譲渡、および一時の各所得のいずれにも該当しない所得を言います。

 

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までに得た所得について、

 

「私は1年間で●●円の所得を得ました(確定)だからこれを報告します(申告)

 

これが確定申告です。

 

確定申告書は毎年2月16日~3月15日の間で提出する必要があり、アフィリエイトをしている人は、その所得が20万円を超えると、上記のような確定申告の手続が必要となります。

 

(※) 所得とは「収入」のことではありません。例えば、ある1年においてあなたがASPから10万円の報酬を得るとします。これが「収入」です。一方、サイト作成ソフトやドメインの購入など、事業に必要な費用が5万円かかったとします。これが「必要経費」となり、以下の算式にて「所得」が計算されます。

 

10万円-5万円=5万円(所得)

 

確定申告のやり方

 

結論から言いますと、確定申告は

 

「税理士先生に任した方が無難です」

 

私は本業として公認会計士として仕事をしていますので、アフィリエイトの確定申告は自分ですべてやっています。

 

ただし、個人で確定申告の手続を行うのはあまりお勧めできません。

 

理由としては

 

① 作成が非常に手間がかかる
② 作成が難しい
③ 税務調査のリスクが増加する可能性がある

 

という主に3点です。

 

  • ①については、やった人ならわかるだろうと思いますが、確定申告書の作成は楽ではありません。申告書の作りを理解し、収入と経費を計算し、申告書を作成してチェックする、、、文字で書いてしまえばこれだけなのですが、実際にやってみると非常に時間がかかると思います。
  • ②は少し勘違いされたかもしれませんが、何も数字を作ることが難しいといっている訳ではありません(やったことの無い方には十分難しいんですが、、、)。最も難しいのは、経費となるものならないもの(なるのであればいくらまでなるのか等)の判断です。これは一次的には自分で作成するにしても、最終的な判断については専門家に任したほうがいいです。なぜなら、私も会計・税務の専門家として何十年も仕事をしていますが、いまだに判断に迷うものが多く存在します。それほど税法というのは奥深いものですし、判断に間違って税務調査で否認(経費として認められない)されたのであれば、追加的な税金を取られます
  • ③は上記にも少し書きましたが、間違った判断をすれば、税務調査で否認されます。否認されると、延滞税などがかかり、税負担が重くなってしまいます。また、税理士先生のハンコがあるだけでその証明力は格段に上がるため(税理士先生が見ている確定申告書とそうでない確定申告書では正直プロの目からみると雲泥の差があります。税務署としても税金をより多く取りたいので、まず狙いを定めるのは税理士先生のハンコがない確定申告書だと思います。私であれば絶対そうします、効率もよく、大体間違いだらけなので)、自分で作成すると税務リスクは間違いなく高くなると思っていてください。

 

 

ではどうすればいいか

 

アフィリエイトに関する日々の領収書を保管しといてください。

 

これだけやっておいてくれれば、後は税理士先生にお渡しして、確定申告書を作ってもらえばいいです。

 

ただし、、、あまり大きな声では言えませんが、専門家の実力ももちろんピンキリがあります。ましてや確定申告時期は会計事務所の繁忙期であり、非常に膨大な確定申告書を作成・提出しなければなりません。そのため、1人1人にいちいち多くの時間を割いてはくれません。

 

もっと具体的にいうならば、例えばあなたが経費として計上したいものがあるとします。

 

簡単に白黒付けれるものならいいのですが、いわゆる「グレー」なものについては、おそらく大体の先生は「経費として算入しない」でしょう。

 

こと損金の判断については保守的になります(私もですが、、、)。それも仕方ないことで、もし判断に間違ってしまった場合は「損害賠償」として損失を負担しなければいけないからです。だからこそ、取らなくていいリスクは取らないですよね?だって報酬額は変わらないわけですし。

 

でも、上述の「グレー」なものについては、実は税務六法の条文や国税庁の通達などで明確に例示されていないだけのものである場合も多く、合理的に事業上で必要な経費である旨の説明ができるのであれば、十分「必要経費」として計上してもいいようなものもあります

 

(※) 余談ですが、少し前にある方の確定申告書のチェックをお願いされたことがあります。すでに他の税理士先生に見てもらっていたのですが、どうも渡した領収書に比して実際の必要経費の額が少ないとのことでした。明細をチェックする中で、確かに判断に悩むものもありましたが、大抵は「あれ?なぜこの支出を必要経費にしてないの???」とか「これってこういうロジックであれば十分必要経費とできるのに、そういう提案をしてあげてないのかな???」とか思うものでした。その人は、私の見立てではおそらく何百万円以上の必要経費にできるであろう損金がありました。

 

そのため、少し逆説的になるのですが、最終的には税理士先生に丸投げするだけでなく、ぜひ自分で一度作成し、それをチェックしてもらうというやり方をお勧めします。

 

自分で理解が深くなれば、もちろん節税にもつながりますし、頼む範囲が狭まる分、税理士先生への報酬額の削減の交渉もできますしね。

 

作成ソフトとしては弥生会計をお勧めします。サポート体制も抜群ですし、何より使いやすいです(私もこれを使っています。勘定奉行とかミロクとかソフトは色々ありますが、操作性は弥生が一番簡単なかつ使いやすいので好きです)。

 

確定申告はアフィリエイトを本格的に続ける限り、毎年避けては通れない手続ですので、全てを他人任せにするのではなく自分の判断力を磨いておくことも必要だと思います

 

各コンテンツの目次

~アフィリエイト奮闘記~







 


~よくある疑問~


 

 

 

 

 


~お役立ちコラム~








 


このサイトを気に入ってもらえたらシェアしてもらえると嬉しいです♪



当サイトの内容やデザインは、HTMLサイトを驚くほど簡単に作成することができるSIRIUS(シリウス)上位版で作成しています。

ブログランキング参加中です♪

人気ブログランキング